〜今日も家族が元気で笑顔♪〜
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
建つまでの長い道のり その90〜杉板外壁とルーフバルコニーの手すり
(7/14撮影分)


↑2Fへ。

階段の手すりが付けられてました。


↑毎日空を見ながら階段を上れるのは気持ちよさそう


↑階段手すりの角部分(カーブの金具?)はまだ付けられてませんでした。


↑さて2Fへ。


↑2Fのルーフバルコニーに手すりが!

猛烈に暑い日でしたが、触っても熱くはなくほんのり温かい程度。



↑1Fのガルバリウム庇。


↑立派な収穫物(^_^)/。

なんとご近所の方が管理して育ててくれているのです。



↑2F子供部屋。

すっかり出来上がってます。


↑2Fリビング。


↑2F寝室。


↑寝室内のWIC。

扉などを付けないオープンなWIC。

寝室なので人はそんなに来ないだろうし(もちろん来てもらっても困りません)、今のマンションで布団などをしまってある場所があるのですが、扉が付いてても臭い対策というのと湿気が気になって来客時以外は開けっ放しなんですよね。

だから扉を付けるのはやめました。


↑寝室内の書斎のニッチ棚。

ニッチ棚の右下の穴が空いている部分がコンセント個所。
棚に携帯やデジカメを置いて充電する用です。



そしてついに玄関部分の外壁に杉板が張られました。






↑玄関の顔が完成です。

多くの外壁には使用せず、玄関の一面だけに杉板を張りました。
構造とは関係なくあくまでも化粧板。

時間がたつにつれて味が出てくる材料ですが、好きか嫌いかわかれる素材かと。

でも私も旦那様もSホームで建てるならどこかに杉板張りを採用せねば!と願っていたので、予想以上の素敵な仕上がりにうっとりです。





玄関扉の内側は内部に合わせてナチュラル色ですが、外側は板と同じ色が塗られて統一感もあります。

私が「ごちゃごちゃせずに、扉どこ?って感じに思えるよう同じ色にして欲しい」と言っていたのが採用になったようです。





「餅は餅屋」がもっとうでDIY等は出来るだけ自分でしたくない旦那様も「ここの杉板はきちんとメンテナンスして俺が守る!」と言ってます。

期待しています

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
建つまでの長い道のり その89〜和室の鎧天井
(7/14撮影分)


↑玄関部分の(左)靴入れ造作カウンターと(右)コート掛け。

扉や中の棚、パイプが出来上がっていました。


↑これは昔の家で使っていた神棚の板。

どこかで使えればという事で一部切って大工さんが加工してくれます。
切断部分を見たのですがすごく綺麗で、檜のいい香りが漂っていました。


↑玄関近くのニッチ棚。

小物が置ければと棚板を付けてもらったのですが、ちょっと1段の幅が狭すぎるかもと棚板を1枚減らしてもらうことに。行ったらちょうど外す作業をして下さっていました。


↑階段。


↑玄関から見たキッチン側。

左が階段・クローゼット。右が和室。


↑和室から見た階段・クローゼット。


↑この廊下にあるクローゼット。
なかなか幅広でかなりの服が収納出来そうです。



↑和室内の押し入れ。
幅を一間(約180cm)ではなく一間半(約270cm)にしてもらいました。

上部は天袋の予定でしたが、やはり現場を見てて「手の届かない天袋にしまってしまうと、しまいっぱなしになってしまうから枕棚に変更しよう」となった部分。

どの変更にもさくっと快く受けてくれるのが嬉しすぎます。
だから我が家の我ままもヒートアップしていくのかも(笑)。


↑押し入れ左隣の造作カウンター。




↑そしてついに和室に鎧天井が張られました!!!!

ウッドワンのショールームで見せてもらったカタログに載っていた鎧天井。
もう、もう、もうひと目惚れです。

1枚1枚が大きめの板を数枚天井に張るよりも、細かい板を張った方がカッコいいかもと思い依頼しました。

見る角度によって見え方が違うんでうよ(^_^)/。


↑ちょうど大工さんが1枚ずつ付けているところでした。

1枚合わせて、刻んで調整して、1枚ずつ天井に張って・・・と細かい作業!


↑和室は二間とも鎧天井にしてそろえました。


↑こちらの和室は掘りごたつを造ってもらいます。

右にテレビ、左に仏間と神棚。




↑テレビ台も造作してもらいました。
台の下は引き出し収納になります。



↑仏間も出来上がってきました。


↑仏間の欄間も以前の家で使用していた物です。

本当はもっと年季がかった色だったのですが、義母がお風呂場でハイターを使って漂白したら(笑)すごく綺麗になったという欄間。←荒業です。

大工さん達も「ハイターでこんなに綺麗になるんですね。」と驚いていたとか。


↑写真写りが今一つですが(^_^;)、綺麗な仕上がりで嬉しすぎます。



↑そうそう。
キッチンの吊り戸棚を造作してもらうことにしました。

キッチンを注文した頃は気がつかなかったのですが、キッチンの左脇に造作カウンターを造ったためその上部が空いてしまったのです。

すっごく変という訳ではないのですがちょっと寸足らずな感じなので、扉なしのオープンな吊り戸棚をお願いしました。



↑土間収納内。


↑前回お願いした土間収納内の空きスペースに、棚を付けてくれてました(^−^)。



↑庭から見たキッチンの外側。




↑色んな線がにょろにょろと。


↑庭側から見た和室とキッチン。


↑ウッドデッキというか縁側を造ります。


↑実は庭部分はこんな感じになっていて、インゲン・なす・トマトなどがかなり収穫出来ています(笑)。

-----
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
建つまでの長い道のり その88〜2Fは大体出来上がり
(7/7撮影分)


↑2Fリビング。


↑2Fリビングと子供部屋の入り口。

この壁の奥は子供部屋です。
なのにこの壁にテレビを設置する予定(笑)。

勉強できるかなー。


↑2Fトイレと造作洗面カウンター。


↑造作洗面カウンター付近には2面窓を付けました。

この2面の窓の間には冷蔵庫を置きます。


↑2F子供部屋。






↑2F子供部屋の扉は2つありまして、将来壁で遮った時のために2つあるのですが1つは引き戸。1つは開き戸。

開き戸は多分ここだけ。

開き戸にした理由は間取りの関係状で特に意味はないです。




↑でもがっしりしててある程度重みもあっていい扉なんです。

見た目よりもずっと高級感あるんですよ。



↑2F寝室内の書斎付近。

この壁にも小型テレビを付ける予定。

最初、寝室にテレビを付ける予定はなかったのですが、打ち合わせしている間に「寝室でもテレビが見られたら良くない?」って話になって付けることにしました(^_^;)。


↑寝室の入り口もやっぱり引き戸。




↑最近で嬉しかった事。

ウチの家族は、義父も義母も私も旦那様もみんながそれぞれ現場を見に行きたがって、しょっちゅうばらばらに見に行っていたので大工さんも大変だったと思います。


それにも関らずみんなのスリッパ置き場を造ってくれていました。

本当にいい大工さんに出会えて幸せです。

今現在(7/28)は大工さんの仕事は一区切りしてしまっていて現場に行っても会うことが出来ないのですが、我が家を造ってくれた2人の大工さんは最高でした。

こんないい大工さんに出会えただけで「いい家」であること間違いなし。


感謝感謝です。


-----
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
建つまでの長い道のり その87〜ついにキッチンが!
(7/7撮影分)

この「建つまで」シリーズを書くとアクセス数がかなりアップするという事に最近気がつきました

ありがたいことです



というか、皆さんどうやってここまで辿り着かれるのでしょう??
「建築」関係で登録してないのですが??

よかったら、こっそり(笑)教えて下さい。





さて。

現場はだいぶ家らしく出来あがって参りました。


↑1Fトイレ。

「ちょっと入口が狭い気がするんだけど・・・」と心配げな義母。

ん?と思ったけど確かに2Fに比べてちょこっと狭いような(^_^;)。


でも、まあ、もう、造ってしまったのできっと慣れるでしょう!!←前向き?



↑そんなトイレの内側からの写真。


↑風呂場のサウンドシステム(って程ではないけど)のスイッチ部分。


↑ニッチ棚とコンセント穴があかれてます。


↑コンセントの切り抜きが「88」に見えるとコウちゃん(5歳11カ月)。



↑1F和室の床の間。

床の間と言っても本格的な床の間ではなく「床の間風」です。


間取りの段階では床の間の上部スペースが空いててもったいない、という理由で反対側の玄関部分から収納できるスペースを造る予定でしたが、いざ出来上がって見てみると「上部スペースを収納にすると床の間の高さが低くなって格好悪い」という事になりまして、床の間の高さを上げて上部の収納スペースはなくなりました。

確かにある程度高さがあった方が掛け軸などが掛けられるしカッコいいですよね(^−^)。



そしてついにキッチンが搬入されてました。


↑これです。

YAMAHAのberryというシリーズ。
すっごい思い入れがあって選んだというよりも、Sホームが得意(大量仕入れ)としているのがYAMAHAのキッチンだったという事なのであっさり採用。

色やら形やらを決めた時の話はまた後日にでも。




↑吊り戸棚も付けました。



↑キッチン隣の土間収納。


↑土間収納は階段下を利用しています。


↑その階段下を覗き込むコウちゃん。


↑ちょっとしたスペースがあったのでその場で大工さんに「棚造って下さい」とお願いしました。

相変わらず「はい、わかりました!」と気持ちいい返事で本当にありがたいです。


↑同じく土間収納内。

矢印部分の壁はなかったのですが、棚を造りたかったのでちょこっと壁を追加して造ってもらいました。


↑こんな感じになる予定。




↑和室側から見た仏間と収納。

ここも収納だった場所なんですが、出来てきた現場を見て「ここに神棚を並べてしまおうか」と変更した部分です。


↑その裏側になるキッチン側からの収納部分です。


以前、とてつもなく見づらい写真を載せたあの部分なのです。


↑これ。


↑間取り図の方が見やすかったかも

この右下部分の造作がこれらの写真の部分になります。



それにしても「キッチンが!!」というタイトルを付けたもののあまりキッチンについてあまり書けませんでした

-----
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
建つまでの長い道のり その86〜どうする?キッチン作業台 その2
前回、キッチンの作業台が必須であるという話を書いたその続きです。

とりあえずIKEAへGOGO!

膨大な商品が並ぶフロアに脇目もふらず(^_^;)すごい勢いでダイニングテーブル関連の場所まで突っ切りました。








まず、
私と義母の希望は。



義母→私と二人きりの時にわざわざ隣の部屋でかしこまって食べるのではなく、ささっと済ませられるようなダイニングテーブルが希望。

私→パンやお菓子も作りたいのでダイニングテーブルというよりも高さ80〜85冂の作業台かつ中段があって収納も出来そうな作業台が希望。



と、二人の希望は食い違ってます





そんな食い違いを合致させるような商品があったかと言いますと・・・。












↑これこれ。


↑ステンストルプ。

確かにこれがあればアイランドキッチンとしても使えそう!


↑長さ129cm 幅79cm 高さ90cm。


↑高さが90cmだとダイニングテーブルとして使うには高すぎるけど、それ用のイスをそろえれば食べることも可能(^_^)/。


↑2段棚も付いてるし。


↑でも二人で並んで食べるには狭い・・・か






↑お次はダイニングテーブル。


↑ストールネス。
105cm×105cm。

悪くはないのですが特に決め手もなく







食べることも出来て作業もしやすい台はどこだー








↑おぉ。
シンプルなステンレスタイプ。
食べることもできそう。


↑収納もばっちり。


↑ダッケ。
大幅プライスダウン!


↑長さ150cm 幅75cm〜100cm 高さ92cm

高さが92cmだとさすがに高すぎるし、実際広い売り場で見てもかなり大きく感じました。
これは置けないねー






明らかに大きい!と思ったのですが思わずチェック。


↑食べるための簡易テーブルにもなりそうだし、ゴミ箱を下に配置してもいいかも。


↑裏側は引き出し4つ。


↑1つの引き出しがすごい収納力。


↑ヴェールデ。


↑長さ146cm 幅100cm 高さ90cm


↑奥行きが65cmのもあるそうです。

IKEAって天板の大きさや種類が沢山あるから自分の好みでいくらでも組み合わせて使えそうだからいいですよね。






さて。
結局大本命になりそうなのがこちら。


↑普段は90×90cm。


↑ビュースタという商品です。





↑左右伸ばせば168cmまで伸ばせるダイニングテーブル。

これいいかも





え。
作業台としての高さは必要なくなったのか?

という訳ではないのですが、間取り図を見てて気がついたんです。






↑黒い斜線の四角がテーブルだと思って下さい。


↑たとえばこの場所に置くと、キッチンまでと可動棚までの有効スペース幅が60cmしかありません。

60cmって!!



今使っている3帖のキッチンだって80cmの有効スペースがあるというのに。

ここを義母と二人で使うと考えるとありえませんね。





↑そうなるとこの辺りに置くのが妥当だと。

ここでも70cm程度の有効スペースになりますが、使いやすい位置に動かせばいい訳ですし逆に言うとすぐに動かせる気軽な「台」が必須だという事がわかりました。



ちなみに、
この黒い斜線の四角は90cm×90cmを想定しています。




まだIKEAの製品にすると決めた訳ではありませんが、大きさの目安がついたのでまたもう少し探してみようと思います。




そうそう、赤の★印は何かと言うとこの辺りの床にコンセントを付けてもらったんです。

部屋の隅にあるコンセントから電源を引っ張ってくるのではなく、床の真ん中辺りにコンセントがあったら便利かなと思いまして。

使用勝手などは住んでからお知らせします

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...