〜今日も家族が元気で笑顔♪〜
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
建つまでの長い道のり その98〜床お披露目
(8/15撮影分)

ずっと養生されてた床が見られるようになってました(^_^)。

ちょっとバタバタしているのでコメントなしで写真のみ載せておきます。








































Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
建つまでの長い道のり その96〜壁紙を守る

(7/30撮影分)

私が新居で「これはやってもらいたい!」と思った事。

それは、階段の入り口部分の角になる壁紙部分を守ること。



よくホームセンターなどにも角に貼るカバーが売っていると思うのですが、せっかくなので最初から付けてもらいました。



壁紙の上にカバーになる木材を上からペタっと貼ったのではなくて、貼る分の厚みが出ないように中を少し切って埋め込むような施工をしてもらってます。





これで安心か・・・はわかりません(笑)。なにせ活発ざかりの息子が2人おりますから



それと、家中のコーナー部分にこれをほどこした訳ではないです。
材料費はともかく手間賃がかかるので全部にほどこしたら結構な金額に跳ね上がりますから。





階段の出入り口部分というのと、1Fのこの部分は意外と目立ち来客も多い家なので、少しでも傷みが軽減出来ればと思ってこの部分だけお願いしました。

あとは2人が成長した頃にまた壁紙を張り替えようと思います(←甘い未来予測)。








そもそも何でコーナー部分を守ろうと思ったかといいますと。


↑今住んでるマンションの玄関付近のコーナー。



よく見ると。



↑ぎゃー!

って程の傷みっぷり。







子供たちがいるせいもあるけど、それだけではなくやはり人が通る頻度が多い場所は仕方ないのかもしれません







余談ですが、
ちょっとした汚れは拭けばさっと落ちるのに、柄の目に入り込んだ黒ずんだ汚れやキズを伴った汚れは絶対に落ちません・・・






え?

普通壁紙とはそういうもの?

そうですか、すみません








あまり柄がなくてつるんとした物の方がいいのか、どうなのか。

汚れている個所をだけを重点的に綺麗にするとまわりと浮いてしまうし・・・。





って!

いつも綺麗にしてない自分に責任あるのですが、でも毎日壁紙拭いて掃除するのって出来れば避けたい




壁紙にした以上これはつきものなのかもしれませんね

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
建つまでの長い道のり その95〜洗面化粧台とシャッターが設置された

(7/30撮影分)

ついに洗面&脱衣所にあるニッチ棚にYAMAHAのサウンドシャワー機器装置が付きました。

って程の大げさではない(笑)?


↑となりのスイッチ。

いかにも新居らしくシールが貼られてます。
私はすぐに剥がすタイプですが皆さんはどうですか?


↑ノーリツのガス給湯器。

そういえば以前契約していたL建設ではキッチン・ガス給湯器・洗面・風呂の標準仕様はノーリツでした。

なぜノーリツ?って営業さんに聞いたところ「ガスでトラブルがあると365日24時間すぐに対応してくれるのがノーリツなんです」と言っていたっけ。

とりあえずウチもガスでのトラブルは安心って事なのかな。
引き渡し時にでも確認してみます。


↑階段を上ると見える青空。


↑手!キレイ?って聞きたくなるのは私だけ(笑)?


↑コンセント部分の中身も入りました。


↑子供部屋。
どんなテイストにしていこうかなー。


↑2F寝室内。
壁の右がオープンWIC。左が書斎。


↑書斎内のニッチ棚と携帯&デジカメを充電するコンセントが付きました。

最初はニッチ棚の上にコンセントの場所を付けるという予定だったのですが、実際見ていて「コンセントが棚の上にあると充電している時にコードが上からだらりとなってしまうのか・・・」と思い、大工さんにその場でお願いして棚の下に変更してもらいました。

結局コードが下にだらりとするだけなんですが、なんとなく上からよりも下に垂れ下がっていた方がいいかなと・・・自己満足って事で(笑)。




↑書斎内の電源&LAN。
机の下に付けてもらいました。


↑寝室内の・・・なんだっけ(笑)?
コンセントだったかな。・・・付けたっけ??



↑初公開。

私も初めてなのです!!!


↑もうちょっと近付いてっと・・・。


↑洗面台!

YAMAHA AFFETTO(アフェット)。幅120の物です。

YAMAHAが誇る限りなく本物に近い人造大理石ボウル&カウンター!!
細かいキズは磨けば取れ、汚れの入る隙間がないそうです。




特にこだわりはなかったのですが(←またしても(^_^;))決めた仕様をちょっと説明。

鏡は標準で3面鏡だったので迷わずそのまま。
3面鏡として使うかはともかく(!?)鏡を開けるそその中が収納になるので洗面台付近がかなりすっきりします。
今住んでいるマンションが同じ作りなのでその効果は実感済み!


あと標準はオールスライドタイプと言って引き出しだったのですが、右側だけ引き出しにしてもらってあとは両開きで開ける扉にしてもらいました。

引き出しだとどうも収納力が低下しそうだったので、どのメーカーの物を選んだとしても引き出しは止めたと思います。
区切りがない方が無駄な空間がありそうですが、それは市販の簡易ラックなどで解消出来るかと。

ま、これは家族構成とか何を仕舞うかによるかと思うので各ご家庭次第かな。



それと以前契約していたL建設の時は間取りの問題で洗面化粧台の幅が75cmしかとれなくて正直嫌でした。

「この間取りじゃ仕方ないよね」と思ったけど、今から思えばなんで遠慮していたんだか!
6人家族で、新築で、「嫌だな」と思っていることはやはり止めてよかったです。

大切なのは間取りだけじゃないけど、毎日しかも何十年も変えられない間取りなのでやはり納得いくまでとことん突き詰めて話し合うべきだなと思います。



↑同じく洗面&脱衣所内になる洗濯機スペース付近の壁。

お風呂の残り湯、水の給水、アース、など。


↑お風呂場の残り湯をくみ上げて洗濯機内に入れられる装置。

今住んでいるマンションで使用している残り湯をジャバラホースなしでくみ上げられる装置が便利だったので同じ物をとお願いしたのですが。

ちょっと想像していた装置とは違ったものでした(^_^;)。
でも調べてみると同じノーリツの商品だし、これも残り湯くみ上げ装置なので問題ないかな。
使用後また感想書こうと思います。


↑ブレーカー。
洗面&脱衣所内にあります。



↑1F和室。兼リビング兼ダイニング。


↑仏間、神棚。


↑仏間、神棚の横壁にはインターフォンなどがつけられてます。




↑仏間、神棚の裏側はキッチン側から使える収納。


↑その収納内にもLANを付けてもらいました。
えぇ、えぇ、ここにパソコン置きますとも(^−^)。


↑キッチン。


↑キッチン隣の階段下土間収納の中にある収納場所。
棚をいっぱい付けてすぐ使える食品のストック場にします。



↑あとは窓の外側にシャッターが付けられてました。

外側から見てないというのと、実際に引っ張ってないのでどんな具合かわからないのですがまた使用後に感想書こうと思います。

-----
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
建つまでの長い道のり その94〜キッチン選びの話
その内書こうと思っていたキッチンネタ。



まず我が家が選んだのはYAMAHAのberry(ベリー)というシリーズ。




なぜYAMAHAにしたのか→Sホームが得意なメーカーだったから。

要するに値段です。

基本的にはどのキッチンメーカーの物を入れても全く問題なかったかと思います。だってキッチンを造作することも出来ますから。

でも大量仕入れだからこそ値引き率が高いという一般購入者にとってはありがたい恩恵を断る理由がありません。




それと、
数年間家造りをしている間にキッチンもショールームに何社も見に行って色々話を聞きました。

サンウェーブ、クリナップ、タカラ、トステム、INAX、ノーリツなどなど。

その時に思ったのはよっぽど強い意志とこだわりがあるならばともかく、そんなにこだわりがなければどのメーカーになっても楽しく料理出来るのではないかと。

というかキッチンだけで料理そのものと気分は向上しないだろなと思います。





本当ならキッチンを買うならキッチン専門メーカーがいいとは思ってます。

デザインはちょっと古めかしいですがタカラのホーローキッチンいいかもと本気で思いました。

ホーローならではの使いやすさ。そして毎日の手入れを考えたらホーロー最高!とまで(笑)。


というのも義母が以前使用していたキッチンがタカラだったんです。
汚れはあるものの傷はなくかなり丈夫であるというのは知っていました。







それか値段と質がぴったりあっているなと思っていたのはクリナップ

クリンレディなんてよく考えられているなーって感心させられる細かい設計でとても好感持てました。







キッチン選びって車選びと似ている気がします。

同じメーカーでも3〜4種類のグレードがあって、扉やキッチン本体の色やコーティングによって値段がぴんからキリだったり。

シンクが深いか浅いか。丸いか四角いか。ステンレスか人工大理石か。

吊り戸棚を付けるか付けないか。付けたら手動か自動昇降か。

コンロはガスかIHか。黒かシルバーか。ガラストップか否か。

レンジフードは黒かシルバーか。


ちょっとオプションで食器洗い乾燥機を付けたり、水栓金具を素敵な物にしたり、収納の引き出しをゆっくりしめる仕様にしたらびっくりするくらい高くなったり。





でも車と一番違うのが使用年数。

普通1度キッチンを購入したら15年とか20年以上は使うのではないでしょうか。

車検はないし税金の支払いもないし、タイヤなどの交換もないし基本的にはずっと同じ仕様。

車に比べればオプションだって安いと思うし。





それを考えたら200万位のキッチンを買っても「えーー!」って値段じゃないのかも。
ちなみにウチは今調べたらキッチン部分で47万でした(笑)。
吊り戸棚はオプションで付けてもらったのでもうちょっと高くなりますがそんな具合です。









ただここだけはこだわったというのは。


↑どのメーカーでもこのバー取っ手が付いているのが標準でしたね。


↑お好みもあるかと思いますが私はライン取っ手派です。




これぐらい(笑)?









キッチン選びに関してはこんな感じでしょうか。

真剣にキッチン選びを吟味している方には申し訳ないくらいあっさりした我が家のキッチン選び。


でも2Fにキッチンを作ろうと思っていた頃は真剣でしたよ。
サイズに合う物をとIKEAで独自に買って組み立てようとまで追いつめられていた考えていましたし。

今となっては懐かしいですね。





もう1つあっさりしている考えの根底には「もう1度くらいキッチンをリフォームで選べる時がくるだろう」という甘い考えです(笑)。

メーカーが決まり、グレードが決まり、詳細仕様とオプションが決まればもう「選ぶ楽しみ」はなくなってしまいますものね。

それまではゆっくり楽しんで選んでもらいたいものです(^_^)/。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
建つまでの長い道のり その93〜クロスが張られ始めた その2
(7/20撮影分)

2Fや土間収納内がクロスが張られほぼ終了していました。


↑2Fリビング。

勾配天井部分のクロス張りは大変だっただろうなーと感心してしまいました。


↑2Fリビング隣の造作洗面カウンター部分。

最初高さが75cmだったのですが80cmにしてもらいました。
今使用している洗面所の高さが低く感じるんですよね(^_^;)。


ここで立ちっぱなしの長時間作業はないとは思うのですが、低いと感じる高さで無理する必要もないので変更です。それ以上の高さは望んでませんでしたが、窓枠と接触してしまい無理だったかな。


↑2F子供部屋。

少しでも壁(クロス)が守られればと言う思いで腰壁板を採用したのですが、そのおかげで一番立派な部屋になった気がします(笑)。


↑ちょっと見づらいのですが、真ん中あたりに写っているのが子供部屋の扉の1つ。

ほとんど引き戸を採用しているのですが、ここと1Fの洗面脱衣所に入る部分だけが開き戸です。


建具やフローリング材、もちろん腰壁もウッドワンの既製品(無垢材)を使用しているのですが、綺麗だし質感がよくて重厚感もあって私は好きです。採用して本当によかった!!


↑2F寝室内のオープンなWIC。

実はこの中段。
ちょっと高さをあげています。

理由は近い内にまた書こうかと(^−^)。


↑そして最初からすのこです。

どうせすのこをひくんだったら最初からすのこ仕様。


↑寝室内の壁。



↑1F階段下の土間収納。




↑クロスを張り終わったので可動棚の取り付けを始めるそうです。


↑クロス張り直前の頃に大工さんにお願いした棚。

2段だけだけどこれがあることによって、全く使えない場所が収納場所に変身!


↑以前書いた角部分。

住み始めて頭をぶつける危険がありそうなら保護材を張ろうと思います。


↑こここそ階段下。

義母の漬物や味噌樽を置きます。



↑キッチンから見た収納棚。


↑和室から見た仏壇と神棚。


↑キッチン。


↑和室のテレビ台。

絶対にテレビの場所は変更しないと思うので造作してもらいました。


↑テレビを斜めに置くのが大前提(笑)。



↑あとは外構。


↑ここがどう変わっていくのか楽しみ楽しみ。

-----
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...